· 

もうダメ!となったら……勇気を出して助けを借りよう

スポンサーリンク

 

小さな子がいるママはとっても大変です。

 

お出かけすれば、赤ちゃんの着替えやオムツ、おやつに飲み物を入れた大きなリュックを背負って……

重いし、疲れるし、ぐずられたらもうつらい。

 

こんな経験はないでしょいうか。今回は筆者の経験から助けをかりることについてお伝えします。

 

ちょっと勇気を出して、助けを借りよう

私は2児のママです。

小さな娘2人を連れて出かけるのは一苦労。

きっとママなら、思い当たるふしがあるはずです。

 

着替えやオムツ、おやつに飲み物を入れた大きなリュックを背負って……

下の子はベビーカーに乗せるも泣いてしきりに降りたがる……

上の子は一緒に歩くも、道端の花や虫、看板など色々見つけ度々足を止める……

 

駅まで大人なら7分の距離も、子連れの場合は3倍時間がかかります。

 

車や自転車の危険にピリピリ奮闘する道中、

道行く人は「かわいい子ね」と声をかけてくれたり、「お母さん大変ね」と労いの言葉をかけてくれる方もいます。

 

 

駅に着いてホッとひと息。

でも、さらなる難関が待っているのです。

そう、階段。エレベーターのない場所なんて、まだまだ山ほどあります。

 

毎日、毎日、こんなことの繰り返しですよね。

 

スポンサーリンク

心温まる経験から

先日、幸せなことがありました。

駅でベビーカーから下の子を降ろし、上の子と手を繋がせ階段を登らせていました。

私は子どもたちの隣でベビーカーを抱えて登っていました。

 

後ろに転げ落ちないかと冷や冷やしているところへ、子どもたちの後ろに若い女性が付いてくれました。

子どもたちのスピードなので大変ゆっくりなのですが、登りきるまでいてくださいました。

「お姉ちゃん、えらいね」と子どもたちを励ましながら。

 

別れ際、その女性は「私も姉妹なので何だか懐かしくて」と一言。

助けてくれただけでなく、その言葉がしみました。

 

子どもたちが成長したら、あの女性のように優しく強い人になって欲しいなと思いました。

 

こんな私ですが、以前は人に頼るのが苦手でした。

 

手助けの申し出も、何となく

「迷惑かけるのではないか?」

「申し訳ない」

「自分ひとりで出来ないなんで恥ずかしい」

という気持ちになりお断りすることが多かったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

でも、最近は子どものためにも、自分のためにも助けてもらうことを遠慮しないようにしています。

 

「ありがとうございます。」

「お願いします。」

「助かります。」

 

ちょっと勇気を出して助けを借りる。

 

人の優しさに触れると、本当に幸せな気持ちになります。

ちょっとした人とのやりとりで心が温かくなります。

 

手を差しのべてくれた方も、「声をかけてよかった」「役にたてた」と、きっと思ってくれ、同じように温かい心をもってくださっていると思います。

 

人に助けてもらうことは恥ずかしいことではありません。

 

あなたも困っているときは、勇気を出して助けを求めてみてはいかがですか。

 

スポンサーリンク


こちらもおすすめ

もうダメ!となったら……勇気を出して助けを借りよう
>> 続きを読む

がんばれ妊婦さん!妊娠に向けた体・心・環境の準備
>> 続きを読む

ママが病気になったらどうする? 子育て支援サービスのいろいろ
>> 続きを読む